ART DIVER とは

「アートダイバー」とは、2014年7月に立ち上がったアート専門出版社です。

近年、アートはますます多様化し、その全体像を把握することは非常に困難です。
こうした状況の中、「アートダイバー」は、俯瞰的にアートを捉えるのではなく、ひとりの人間としてアートの海へと深く深く潜り、その深海にて一片の真実をつかみとることを目指します。

「アートダイバー」の考え方のもうひとつの軸としては、アートを「技術」として捉えるという視点です。通常、アートには「芸術、美術」という訳語があてられますが、実は「アート」には「技術」という意味もあります。見方を変えれば、アート史はひとつの「技術史」でもあるわけです。つまり、神や超越的なものをいかにあらわすかという技術にはじまり、世界の構造を読み解く技術となり、人間の認識や心をあらわす技術であるという側面を持ってきたのです。

そこで、アートダイバーは、「アート」を「よりよく生きるための技術」という観点から読み解き、アートに新たな光を当てる試みに挑みます。この視点に立つことで、アートとして扱う領域を広げ、アートが細分化される以前の総合芸術のあり方を目指します。

ひとり出版社としてスタートしました。

出版不況が叫ばれるなか、「なぜ出版社を立ち上げたのか、そしてアート専門に絞った理由は」、としばしば聞かれます。
確かに従来のシステムに倣えば、小舟で荒波に乗り出すようなもので、とても難しいチャレンジでしょう。しかし、「ひとり出版社」としてコストを最小限に抑えることは、あらたな可能性を開きます。つまり、大手や中堅の出版社では出せない少部数の書籍の刊行が可能になるのです。

新聞、大手雑誌、テレビなどのマスメディアなどと比べれば、美術の世界はあきらかにマイノリティの世界です。表現者もそれを支える人々の数も圧倒的に少ない。ですから、商業的に美術を扱うのはとても難しいし、利益がでない分、とても面倒なものです。しかし、一方で美術がマイノリティであることは重要です。つまり、アーティストは、既に価値の定まったことをなぞるのではなく、未来の価値創造に向けて表現を行うため、それはマイノリティとならざるを得ないです。

アートダイバーは、現代の表現者と併走します。新たな価値創造へ向けた未踏の地へのチャレンジを、書籍というフォーマットで、アーティスとともに生み出していきたいと思っております。

アートダイバーのミッション

・少数精鋭で、「他がつくれないけど、必要だと信じる本」を世に出すこと
・現代の表現者と併走すること
・柳の下のドジョウは狙わないこと
・絶版をできるだけつくらないこと
・来るものは“あまり”拒まずの精神
・アンテナは鋭敏に、そしてニュートラルに
・ものの見方を、絶対化しないこと
・権力を欲しないこと、なびかないこと、そして威張らないこと
・汚い商売はしないこと
・つぶれないこと


代表・細川英一 プロフィール

1975年生まれ。編集者。編集プロダクション勤務の後、『美術の窓』編集部へ。同社にて現代美術部門の立ち上げ、『アートコレクター』創刊を経て2013年フリーに。2014年「アートダイバー」を立ち上げる。趣味は、料理、ダイエット、ヨガ、ブラックミュージックなど。

 

 

会社概要
 
会社名合同会社 アートダイバー
設立2014年7月
代表細川英一
事業内容書籍、電子書籍の企画・出版
編集業務請負(展覧会カタログ作成など多数実績あり)
取材、原稿執筆
イベント企画
アートコンサルタント
美術品売買
所在地東京都中野区本町1-2-3
連絡先info@artdiver.moo.jp
TEL/FAX:03-5352-1023
古物商認可番号451380007375号
神奈川県公安委員会